cm_regi.png
申込から受講まで

このページでは、研修申込システムを利用する場合の申込から受講までの流れをご案内しています。
研修申込システムを利用して申し込む研修は以下の通りです。申込方法は各研修のページをご参照ください。

  • 目録システム書誌作成研修
  • 情報処理技術セミナー(認証編)
  • 情報処理技術セミナー(クラウド編)
  • 国立情報学研究所実務研修
  • 大学図書館員のためのIT総合研修
  • 大学図書館職員短期研修

お申込みから受講までの流れ

受講のお申込みは、「研修申込システム」を使用して行ってください。
詳細は、「研修申込システム利用手順」ページをご確認ください。 なお、受講については、個人ではなく機関もしくは部局として推薦していただくこととなりますので、機関等で取りまとめのうえ事務連絡等の担当となる方(連絡担当者)がお申込みくださるようお願いいたします。
また、お申込みにあたっては機関等の事情によって辞退・欠席が出ることのないよう、受講者の勤務環境等にもご配慮ください。
なお、個人情報の取り扱いについては、別紙PDF「

個人情報の取り扱いについて(220.28 KB)

」をご確認ください。

研修申込システムについて

研修申込システムURL  https://edu.nii.ac.jp
※2016年4月にリプレイスし、URLが上記に変更になりました。

研修申込システムへの登録・入力

  • 研修申込前に連絡担当者アカウントの取得が必要となります。(1機関につき1アカウント)
    なお、連絡担当者が変更になった場合は、研修申込システムにログインの上、連絡担当者の情報変更をお願いします
    (手順は研修申込システムトップページの連絡担当者情報の変更にて紹介しております。)
  • 推薦書入力例に従って、正確に入力してください。
    推薦書データ記入例
  • 仮申込機能(受講者本人がデータを直接入力することが可能)について詳細は下記をご覧ください。
    研修申込システム仮申込機能

推薦書の出力・送付

  • 2016年度から推薦書は公印省略の形で受付を行うため、郵送は不要になりました。システムを介しメールにて送信していただきます。
  • 推薦書の送信は申込締切日厳守となりますので、十分ご注意ください。
  • 推薦書を送信する前に、機関内での決裁等の手続き用に出力することも可能です。

受講者の選考

推薦書に基づいて選考します。選考の基準としますので、「修得したいこと」等の欄がある場合には、できるだけ詳しく記入してください。

受講者決定通知と事務連絡の発送

  • 受講者決定後、受講の可否に関わらず、選考結果通知文書を連絡担当者のメールアドレス宛に送信します。
    連絡担当者は、速やかにシステム上で選考結果を確認し、受講者へ結果をお伝えください
  • 後日、当日のご案内等を明記した事務連絡文書を、受講者本人宛のメールアドレス宛に送信します。

※2016年度より選考結果の通知文書、事務連絡書は郵送しません。メールの他、研修申込システム上でも結果を確認することができます。
※受講者決定後に辞退・欠席された場合は、それ以降の選考時に当該機関からの受講希望者の優先順位が下がる場合があります。

    研修・講習会当日

    • 受講記録簿に署名または押印をお願いします。
    • 研修・講習会用資料は、原則として当日に配付します。

    修了証書の授与

    • 所定の課程を修了された方には、修了証書を授与します
    申し込みの取り下げと受講の辞退について

    「申し込みの取り下げ」とは、受講者決定前(推薦書の送信後)に申し込みを取り下げることです。

    • 研修申込システム上で取り下げの入力を行い、データを送信してください。他手続き(書類の郵送や電話連絡等)は不要です。
    • 申込締切日前であれば取り下げを解除して引き続き受付処理を行うことは可能ですが、申込締切日を過ぎると解除はできなくなり受講者選考の対象外となりますことをご留意ください。

    「受講の辞退」とは、受講者"決定後"に受講を取りやめることです。

    • 研修申込システムより、具体的な辞退理由を明記し「辞退届」を送信してください。他手続き(書類の郵送や電話連絡等)は不要です。
    • 辞退データを送信すると解除はできません。研修を受講することはできなくなりますのでご注意ください。
    • 受講者決定後に辞退・欠席された場合は、それ以降の選考時に当該機関からの受講希望者の優先順位が下がる場合があります。

    お問い合わせ

    お問い合わせ先はこちらをご覧ください。